トラリピ設定

トラリピ設定変更しないでトラップ追加【毎月コツコツ】

トラリピの利益をもっと増やす方法はないのかな?少ない資金から始めても利益を増やしていく方法は?トラップの増やし方のコツが知りたい。

この疑問に答えます。

この記事でわかること

1.利益を増やす方法
2.トラップ追加のコツと注意点

トラリピは少額からはじめることができる投資ですが、少額からはじめるとなかなか利益をあげることができません。

トラリピを運用する場合、元本に対して年利7〜10%くらいがリスクも少なく安心できます。

30万円から始めれば、1年で2〜3万円くらいの利益です。

でも私は30万円からトラリピを始めて、ローリスクな運用で11か月で+53,413円の利益を得ることができました。

その理由は毎月2万円ずつ資金を追加して、トラップ本数を増やしたからです。

この記事ではトラップを追加するコツと注意点について解説しています。

トラップを追加するポイントは2点!

◯追加する位置は現在レート近く
◯トラップ追加と資金追加はセット

少額でトラリピをはじめて利益が少なくて悩んでる人、これから少額ではじめようと思っている人におすすめです。

トラリピって何?という方は「トラリピとは?初めての投資におすすめな理由【失敗しない方法】」もあわせて読んでみてください。

トラリピの始め方は「トラリピの始め方。失敗するポイントを徹底解説!資産を増やそう。」で詳しく解説しています。

すぐにトラリピを始めたい方は公式サイトで口座開設が必要です。無料で始めれます。
マネースクエア

資金を追加するだけではダメ?

資金を追加だけではだめ?

資金を毎月増やすだけでは利益は増えません。

なぜなら、リスクは減りますが、追加資金でトラップをしかけないと利益は増えません。

リスクをより減らしたい場合は、資金を増やしてトラップを追加しないのも一つの手になります。

そのときの状況によって使い分けをするといいですが、基本設定をローリスクにしていれば心配する必要はありません。

失敗しないトラリピの基本設定についてはこちらの記事も読んでみてください。

トラリピで大損をしないこれだけは押さえたい失敗しない設定方法!FX自動売買トラリピで大損をしないために押さえたい失敗しない設定方法を紹介しています。押さえるべき基本はどの通貨ペアでも同じ!たったの2点を押さえるだけで失敗しない設定をすることができます。...

トラリピの基本設定とトラップ追加

基本設定とトラップ追加

30万円から始めたトラリピにトラップを追加していき、現在は元本が増えて100万円設定で運用(カナダドル円)しています。

私のトラリピの100万円設定の基本設定はこちらです。

通貨ペアカナダドル円
仕掛けるレンジ幅は?75.000円〜85.600円
レンジ内に仕掛ける本数は?54本
トラップ値幅0.200円
1本あたり何通貨?0.1万通貨
1回のリピートでねらう利益は?400円
ストップロス設定は?なし
決済トレールなし

この設定にトラップを追加していきます。

2020年1月1日から4月25日までで7万6,645円の利益を出してくれています。

>>【トラリピ実績】トラリピの1週間での利益を公開【資金別設定も公開】

トラップの幅はせまいほどトラップに引っかかりやすくなります。

なので基本のトラップとトラップの間に追加のトラップをしかけて間隔をせまくしていきます。

追加トラップのイメージ

最初に設定をした基本トラップ、この間に毎月トラップを追加していくイメージです。

間に追加するときにはキリのいいレート(82.500円など)に追加すると後からもわかりやすくなります。

投資めがね
投資めがね
どこに追加するかなどを解説していきます。

追加するトラップの位置

トラップを追加する位置

追加する位置は現在レートの近く

追加するトラップの位置は基本設定の間に追加すればどこでも大丈夫です。

でも追加してもそのトラップにしばらく引っかからないと嫌ですよね(^_^;)

ですので追加するときのレート(値段)に近い基本トラップの間に追加します。

現在のレート付近のトラップが密になることでよりトラップに引っかかりやすくなり利益を上げやすくなります

カナダドル円の現在レート

例えば追加するときの現在レート(値段)が82.515円だった場合。

ちょっとキリが悪いレートだね。
投資めがね
投資めがね
追加するトラップはキリのいいところにするといいですね。

現在レートの近いところで、既存のトラップの間に追加。

82.400円、82.600円に既存のトラップがあって、現在レートが82.515円なら82.500円に追加します。

追加トラップのイメージ

上図のように基本トラップの間に追加します。

私の100万円設定の場合、基本トラップが0.200円幅なので、トラップ同士の間(0.100円)のところに追加するとキリがよくなります。

毎月トラップを追加している私の100万円設定の状況はこちらです。

トラリピトラップ追加状況

現在はトラップを追加してトラップ本数の合計は66本となっています。

トラップが増えるほど利益が増えるチャンスが増える

トラップを追加する場合の追加資金

資金追加もセット

トラップを追加する際に資金を追加しないとリスクが上がるので危険です。

正確にはロスカットレートが上がってしまいます。

トラップ追加と資金追加はセット

トラリピ運用試算表で試算をしてからトラップ追加は行います。

例として、82.500円にトラップを追加する場合で試算。

トラリピ運用試算表試算結果

2万円で82.500円にトラップ1本を追加すると、ロスカットが65.105円。

このロスカットレートであれば、カナダドル円のリーマンショック後の最安値68円台より低いので安心です。

これでトラップを追加する位置、資金がわかりましたので実際に注文をすればOKです。

やり方は慣れてしまえばとても簡単!効果は絶大!

まとめ

まとめ

運用資金が少ない人はあとからトラップを追加していく貯蓄型トラリピがオススメです。

トラップを追加するポイントは2点!

◯追加する位置は現在レート近く
◯トラップ追加と資金追加はセット

私はカナダドル/円に毎月2万円ずつ追加していますが、毎月2万円追加することができない場合は分割して仕掛ける方法もあります。

分割してトラップを仕掛ける

1か月目 1万円

2か月目 1万円 トラップ追加

自分にあった無理のない追加設定をしよう!

この方法は

運用資金がある程度貯まってから追加するよりも効果が表れるのが早いのがポイント

です。

少額からはじめる人、はじめた人はポイントを押さえて毎月コツコツとトラップを増やす貯蓄型トラリピで利益を増やしていきましょう!

コツコツと将来の資産を築くトラリピを始めたい方は公式サイトで口座開設が必要です。無料で始めれます。
【公式サイト】マネースクエア

こちらの記事もおすすめ!