トラリピ

トラリピの取引ルールなどが変わる!メキシコペソ/円も取扱開始!【5/26〜】

トラリピ取引ルール変更
投資めがね
投資めがね
ようこそ、投資めがねです。

この記事では、5月26日から変わるトラリピの取引ルールなどについてまとめています!

マネースクエアは5月26日からFXの取引ルールとトレード画面の変更をします。

取引ルールの変更は、投資をしている人にとって損をするかどうかの重要な問題です。

変更によっていつのまにか損をしないように、取引ルールの変更点で特に重要だと思うものについて、ピックアップしてみました。

スポンサードリンク

タブレットアプリ「ポケトラ」の廃止

スマートフォンやタブレットで使えるアプリ「ポケトラ」。

とても使いやすくて普段ほとんどの方がパソコンよりもスマホでポケトラを使用している方がほとんどだと思います。

今回ポケトラもリニューアルされますが、タブレットアプリ「ポケトラ for ipad 」「ポケトラ for Kindle」が廃止されます。

タブレットを使っている方は残念ですが今後はスマホからの利用となります。

スマートフォンアプリ「ポケトラ for iPhone」「ポケトラ for android」は引き続き使えます。

スマホアプリを使っている人は、5/26以後にアプリを立ち上げるとアップデートが求められるようです。

スポンサードリンク

レート表示の小数点以下を2ケタから3ケタに変更

現在はレート表示が小数点以下2ケタだったのが、リニューアル後は3ケタ表示になります。

2ケタから3ケタになることでトラップ値幅を今よりも細かく設定できるようになります。

レート表示が詳細になるのでレートを確認するときにもいいですね。

ログインIDにメールアドレス利用が可能に

現在は7ケタの数字をログインIDとして入力をしていますが、5/26からは登録しているメールアドレスでもログインが可能となります。

他のサービスなどで複数のログインIDを使っている人には管理が楽になりそうですね。

東京15時ロスカットの廃止

東京15時ロスカットが廃止されます。

今までは15時の時点で維持率が100%未満の場合ロスカット、維持率が80%未満になると自動ロスカットでした。

東京15時ロスカットが廃止されることにより、維持率が100%未満になると自動ロスカットになります。

維持率が100%未満になること自体が危機的ですが、維持率が低い人は気をつけましょう!

メキシコペソ/円の取引開始

トラリピでもメキシコペソ/円の通貨ペアが取引開始となります。

メキシコペソ/円はスワップ投資で人気な新興国通過ですね。

トラリピのスワップポイントがどのくらいか期待したいですね。

参考にねくさん(@nekutaru)が各社のスワップポイントを比較されています。

新興国通貨の中ではトルコリラやアフリカランドに比べて安定しているイメージのメキシコペソですが、ふーじーさん(@otameshi_labo)によれば、変動率はあまり変わらないそうです。

【重要】必要証拠金がリアルタイムで変化!

1番重要な変更点です!

今までの証拠金必要額(変更後は必要証拠金)の計算方法が変わります。

重要

現在    購入時レート×購入数×4%
変更後    現在レート×購入数×4%

マネースクエアで説明されている例でみると、米ドルを100円で1万通貨購入した場合、証拠金必要額は、

100円×1万通貨×4%=4万円となります。

このあと米ドルが110円になった場合の証拠金必要額は、現在は購入時と変わらず4万円ですが、5/26以降は

110円×1万通過×4%=4万4千円になります。

そのときの現在レートによって証拠金必要額が変化していくことになります。

これによって何が変わるかというと、維持率です。

維持率の計算方法

時価残高÷証拠金必要額×100

証拠金必要額が多くなれば維持率は下がります。

維持率が下がって100%未満になれば自動ロスカットです!

結局、どの取引に気をつければいいの?

旧ルールに比べて、買いポジションのロスカットレートは遠く、売りポジションのロスカットレートは近くなります。

注意する取引

売りポジションの取引

現在運用している方は、らくトラ運用試算表でロスカットレートを確認していると思いますが、売りのトラリピを運用している方は計算していたよりもロスカットレートが近づくことになります。

ラクとら運用試算表が今回の変更に対応するかどうか分かりませんが、変更後はもう1度ロスカットレートを確認し直しましょう!

スワップをプール計算に

スワップが毎日口座状況に反映されていたのが、今後は一旦プールされます。

従来は確定損益として日々残高に実現していたスワップですが、取引システム刷新後はポジションごとに累計金額がプールされ、決済するまで確定損益とはならないルールに変更されます。
ただし、左図にあるとおり“振替”ボタンを押すことでスワップのみ確定損益にすることも可能です。マイナス分も振替することが可能です。

※スワップ振替の実現には原則2営業日以上の日数が必要です。

引用元:マネースクエア

振替ボタンを押さないかぎり確定損益にならないということは、確定するまでは税金がかからないということでしょう。

評価損益としては加味されるそうなので、今までどおりの運用で良さそうです。

メキシコペソ/円の取引開始とスワップのプール計算で、トラリピでもスワップ投資ができるかもしれません。

まとめ

他にも小さな変更点はありますが、特に気になった変更点をピックアップしてみました。

証拠金必要額がリアルタイムに変わるのが、トラリピで運用してる人にとって1番注意が必要ですね。

ほったらかし投資でも、このような取引ルールの変更時には「自分の運用状況に影響するか」を見極めていきましょう!

マネースクエア
スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA