トラリピ

トラリピの複利運用で利益が増えるのを加速させるおすすめな方法

投資では複利運用が大事って聞いたけどトラリピで複利運用ってどうやるの?

このような疑問を持っている方は多いと思います。

そもそも複利って聞いたことがあるけどよく分からない人も多いと思います。

この記事ではトラリピの複利運用の方法についてまとめています。

この記事の内容

1 複利とは?
2 トラリピの複利運用方法
3 複利運用×毎月トラップ追加

この記事を読めばトラリピの複利運用方法が分かり利益を加速させることができます。

そもそもトラリピって何?という方はこちらの記事も読んでみてください。

トラリピとは?トラリピではじめる資産運用【初めてにおすすめ】残業代に頼った生活設計をしていませんか?本業の収入だけでなく副収入を得ることが大事です。ローリスクではじめることができる資産運用としてFX自動売買であるトラリピがおすすめです。設定をしたらあとはほったらかし!トラリピがおすすめな理由を紹介しています。...

複利とは?

複利とは?

投資を始めるとよく聞く複利運用。

そもそも投資における複利とはなんなのか?

複利とは利息の計算方法のひとつで、一定期間ごとに利息を元本に組み入れ、その元本に対して利息が計算される方法です。利息の再投資のリターンを考慮に入れた方法で、元本に利息が加えられる期間によって、1カ月複利、半年複利、1年複利などがあります。
複利に対し、当初の元本に対してのみ、利息が計算される方法を単利といいます。単利と複利を比べると、複利は利息が利息を生むので、最終的な利息総額が多くなり、長く運用するほどその効果は大きくなります。これを複利効果といいます。

引用:SMBC日興証券ホームページ

投資で出た利益を再投資することによって再投資分についても利息がついていく、ということです。

年利10%で運用できたとすると単利と複利の違いは下の表のようになります。

単利元本利益
1年目10万円1万円
2年目10万円1万円
3年目10万円1万円
4年目10万円1万円
5年目10万円1万円

複利元本利益
1年目10万円1万円
2年目11万円1万1千円
3年目12万1千円1万2,100円
4年目13万3,100円1万3,310円
5年目14万6,410円1万4,641円

2つの表を見比べてみると利益を再投資すると5年目には4,641円の利益の差がでています。

これは元本10万円ですので元本が100万円なら46,410円の差になります。

利益を再投資した場合としない場合ではかなり大きな差がでます。

この差は運用期間が長くなるほど大きくなります。

複利元本利益
1年目¥100,000¥10,000
2年目¥110,000¥11,000
3年目¥121,000¥12,100
4年目¥133,100¥13,310
5年目¥146,410¥146,410
6年目¥161,051¥16,105
7年目¥177,156¥17,716
8年目¥194,872¥19,487
9年目¥214,359¥214,359
10年目¥235,795¥23,579
11年目¥259,374¥25,937
12年目¥285,312¥28,531
13年目¥313,843¥31,384
14年目¥345,227¥34,523
15年目¥379,750¥37,975
16年目¥417,725¥41,772
17年目¥459,497¥45,950
18年目¥505,447¥50,545
19年目¥555,992¥55,599
20年目¥611,591¥61,159
21年目¥672,750¥67,275
22年目¥740,025¥74,002
23年目¥814,027¥81,403
24年目¥895,430¥89,543
25年目¥984,973¥98,497
26年目¥1,083,471¥108,347

利益を複利運用しないと利益はずっと1万円ですが、複利運用すれば10万円で始めて26年後には元本が100万円、利益は10万円を超えます

期間が長くなるほど差は大きくなるので、将来資産をできるだけ増やしたい場合には複利運用は欠かせません

では、実際にトラリピで複利運用するためにはどうするのかその方法と条件について紹介していきます。

 

トラリピの複利運用方法

トラリピ複利運用方法

トラリピの複利運用って何をすればいいのか?

結論を先に言ってしまうとトラリピの複利運用とは利益で新たにトラップを追加していくことです。

もう少し詳しく言うと、最初に設定した基本のトラリピに利益を再投資してトラップを追加することです。

トラリピ複利運用方法

トラップが増えれば利益も増えます。単純にトラップが2倍になれば利益も2倍になるイメージです。

だから利益がでたら再投資してトラップを追加するのです。

それでは利益がどのくらいになったらトラップを追加するのか?

これは通貨ペアによって違います。

私はカナダドル円とNZドル米ドルを運用しているので、この2つの通貨ペアを例にしてみると

 必要な資金レート
カナダドル円17,115円82.796円
NZD/USD21,410円0.66768米ドル


注:トラリピ運用試算表で算出。7/13現在

このように1本トラップを追加するのに必要な金額は違います。

1本トラップを追加する際にも過去最安値(過去最高値)になってもロスカットされない運用資金が必要だからです。

 CAD/JPYNZD/USD
過去最高値125.57円0.8838米ドル
過去最安値68.42円0.4899米ドル

注:リーマンショック以降

過去最安値などの調べ方はこちらの記事で詳しくまとめています。

トラリピ運用試算表の使い方
トラリピ運用試算表の使い方徹底解説!レンジ幅・過去最安値の調べ方も解説トラリピの便利なツール「トラリピ運用試算表」の使い方を徹底解説!通貨ペアのレンジ幅・過去最安値の調べ方も解説しています。これから始める人、始めたばかりの人におすすめの記事です。...

 

トラリピの複利運用

・トラリピの複利運用は利益でトラップを追加すること
・利益の合計がトラップ追加に必要な金額を超えたら複利運用する。

複利運用×毎月トラップ追加

複利運用と毎月トラップ追加

私はカナダドル円とNZドル米ドルを運用しています。

今年の1月20日から始めてカナダドル円の累計利益が3万円を超えました。

トラリピ実績報告
トラリピ実績報告!1週間での利益はどのくらい?トラリピ実績!1週間での利益はどのくらい?はじめての資産運用におすすめなFX自動売買トラリピ。少額ではじめると1週間でどのくらいの利益を上げられるのかまとめています。これまでの利益についてもまとめているのでこれからはじめる人は参考にしてみてください。...

複利運用するのに十分な金額はトラリピ運用試算表で算出できるので、ギリギリの金額でトラップを追加することも可能です。

ですがそれだと現在レートごとに必要な金額が違うのでちょっと面倒です。

そこで余裕を持った金額まで利益がたまったら複利運用することにします。

実際に複利運用してみるのはカナダドル円。

カナダドル円はだいたい現在レートが80円台までは2万円あれば複利運用できます。

私は毎月カナダドル円にトラップを追加しています。

トラリピ設定変更しないでトラップ追加【毎月コツコツ】少額からトラリピを運用していて利益が上がらずに悩んでいませんか?トラリピの設定を変更してハイリスクにするよりも毎月トラップを追加していく方法をおすすめします。毎月コツコツとトラップを追加していくことで利益も上がります。トラリピのトラップ追加方法についてまとめています。...

毎月貯金をするようにトラップを追加、これに複利運用をかけ合わせれば利益を加速させることができます。

現在のトラップ本数

今回は複利運用2回目、カナダドル円の82.500円です。

毎月追加しているトラップが累計8本、複利運用が2本、でカナダドル円の合計トラップ本数は32本になりました。

トラップが増えるほど利益につながりやすくなるので、少額でトラリピを始めた人は毎月トラップ追加×複利運用でトラップ追加がおすすめです。

まとめ

トラリピの複利運用方法は利益でトラップを追加することです。

複利運用するタイミングは、利益の合計がトラップ追加に必要な金額を超えたら。

私はトラリピでカナダドル円とNZドル米ドルを運用しています。

運用資金はそれぞれ30万円で今年の1月からスタート。

私にとって合計60万円は大金ですが、資産運用としては少額です。

私のようにトラリピを少額で始めた場合、利益を再投資する複利運用は将来の利益を増やしていくためには欠かせません

さらにおすすめは貯金をするように毎月1本ずつトラップを追加することをかけ合わせると利益を増やしていけます。資産を増やすために複利運用×トラップ追加。貯金とこの方法を掛け合わせたおすすめの方法が貯蓄型トラリピです。

貯蓄型トラリピとは
30万円から始めるローリスクな資産運用【貯蓄型トラリピ】ローリスクな資産運用で資産形成を考えている人には貯蓄型トラリピがおすすめ。いきなり資産運用、投資をしようと思っても失敗をしてしまいます。貯金を基本としてそれを補助する資産運用を紹介しています。...

ローリスクで資産を増やしていくおすすめの方法です。

コツコツと資産を増やすのに最適なトラリピをするなら公式サイトで口座開設が必要です。口座開設は無料です。

マネースクエア公式サイト

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA