トラリピ

サラリーマンの資産運用結果(2019年1月20日から12月29日まで)

投資めがね
投資めがね
この記事では、資産運用をしたことがないサラリーマンが約11か月でいくら儲かったのかを紹介しています。

トラリピって何?という方は「トラリピとは?初めての投資におすすめな理由【失敗しない方法】」もあわせて読んでみてください。

すぐにトラリピを始めたい方は公式サイトで口座開設が必要です。無料で始めれます。
マネースクエア

サラリーマンの資産運用

サラリーマンの資産運用結果

資産運用として思い浮かぶのが株、不動産などなどですが、私が資産運用として選んだのはFX(Foreign Exchange、外国為替証拠金取引)です。

運用資金が少なくローリスクで運用をしたいと思った私にはFX、その中でもFX自動売買システムであるトラリピが最適だったのです。

トラリピの詳細については「トラリピとは?トラリピではじめる資産運用【初めてにおすすめ】」で紹介しています。

そのトラリピの運用資金は下の表のようになっています。

2019年1月20日30万円
2月+32万円
3月+2万円
4月+2万円
5月+2万円
6月+2万円
7月+2万円
8月+2万円
9月+12万円
10月+2万円
11月+2万円
12月+2万円
合計92万円

現在は92万円の運用資金となっています。私はトラリピだけをメインでやっていません。

貯金のスピードを上げる補助として使う貯蓄型トラリピをしているので毎月運用資金を足しています。

1月の開始時は30万円、2月に大幅に運用資金を追加。その後は毎月2万円ずつ貯金をするように運用資金を追加して、9月はボーナスの10万円も貯金しました。

トラリピの通貨ペアはカナダドル円とNZドル米ドルの2つです。約11か月での資産運用結果は下の表のようになりました。

カナダドル円NZドル米ドル
2019年1月20日から2019年2月24日から
3万9千604円の利益1万7千76円の利益

これまでに合計で5万6千680円の利益を上げることができています。

設定変更するためにトラリピをキャンセルし、ポジションを決済したため、最終的に利益は5万3千413円の利益になりました。

貯金がメインなのでリスクは取らず、着実に増やす方法で運用をしているためパフォーマンス的には年利7〜8パーセントくらいになります。

少ない資金から始めてローリスクでこれだけ利益があれば私的には充分満足です。もっと利益を上げることも、リスクをもっと下げて資産運用することもトラリピでは可能です。

このリスクをコントロールできるところがトラリピの最大のメリットだと私は考えています。

ローリスクで資産運用を考えている方は私のような貯金の補助として使うトラリピも参考にしてみてください。

コツコツと将来の資産を築くトラリピを始めたい方は公式サイトで口座開設が必要です。無料で始めれます。
【公式サイト】マネースクエア

年末年始にかけてトラリピの設定を変更しました。リスクへの考え方は一緒なので基本的に変わりませんが、2020年はカナダドル円一筋にしました。

設定変更したあとの実績は毎週更新しています。
>>【トラリピ実績】トラリピの1週間での利益を公開【資金別設定も公開】

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA