仮想通貨

仮想通貨XRP(リップル)を積立投資!メリット、デメリットは?

投資めがね
投資めがね
ようこそ!投資めがねです。

この記事では、将来の大きな利益を狙うのにオススメな仮想通貨の積立投資を紹介しています。

少額から投資をしているとなかなか大きな利益は得られないですよね。

あまりリスクをとりたくない人(ローリスクを心がけている人)ほど、あまり利益が得られないことに悩みます。

もっとハイリスクな投資をしなければと思ってしまいますよね。

そんなあなたも仮想通貨XRP(リップル)を毎月コツコツ積立投資するだけで、将来大きな利益を得られるかもしれません。

なぜ今仮想通貨に投資をするのか

仮想通貨は2017年に「仮想通貨元年」と言われて新しい投資手段として大注目となりました。

テレビタレントも投資をしているのが紹介されたりと、熱狂的なものだったのを見たかと思います。

しかし、2017年の暮れから2018年にかけて起こった仮想通貨流出問題によりバブルがはじけて仮想通貨ブームは終ったのです。

このようにバブルがはじけた今、なぜ仮想通貨に投資をするのか?と思いますよね。

そのわけは、今が買い時だからです!

仮想通貨に今投資をするわけ

1 仮想通貨の将来性
2 環境が整ってきている
3 投資の基本「安値で買って高値で売る」

1 仮想通貨の将来性

仮想通貨ブーム(バブル)はあまりにも熱狂的なものでした。

ブームが去った今、仮想通貨本来の価値が注目されてきています。

ブロックチェーン技術、送金手数料の安さ、送金スピードの速さ。

どれも銀行を介して行われる実体のある通貨ではできないことです。

そのため、仮想通貨は将来必ず必要なものです。

将来必ず必要になってくるものですから、仮想通貨自体がなくなったりすることは考えにくいです。

そして将来必要になってくれば、当然また仮想通貨の価値は上がります

この将来性があるからこそ、投資としてオススメするのです。

2 環境が整ってきている

仮想通貨をとりまく環境は変化をしてきています。

国の法整備が整ってきているのです。

2019年3月政府は、仮想通貨の名称を「暗号資産」へ、仮想通貨ビジネスにおける利用者保護の充実を柱とする資金決済法や金融商品取引法の改正案を閣議決定しました。

この改正は2020年6月までに施行される予定です。

改正案では、仮想通貨が流出した場合の顧客保証についての業者への義務付けなど、どんどん環境が整ってきています。

安心して仮想通貨を取引することができる環境が確実に整ってきています。

3 投資の基本「安値で買って高値で売る」

投資の基本は、「安値で買って高値で売る」ことです。

単純ですよね。

投資で難しいのは、「今は安値なの?」ということが分からないことです。

でも仮想通貨についていえば、バブルがはじけた今は確実に安値です!

この記事を書いているときで、1XRP(リップル)=44円くらいです。

仮想通貨ブームだった2017年後半から2018年はじめまでのころは、1XRP(リップル)=200円〜400円の値をつけていました。

それを考えれば確実に今は安値です!

仮想通貨XRP(リップル)に投資するわけ

私がおすすめする仮想通貨はXRP(リップル)です。

今、XRP(えっくすあーるぴー)と書いてリップルと呼びましたが厳密に言うと正式には違います。

・リップルとは送金システム
・XRPが仮想通貨

一般的にはXRP(リップル)と表記され、単にリップルと呼ばれています。

リップルは全世界の仮想通貨の中で時価総額第3位を誇り、リップラーと呼ばれる人がいるくらい人気がある仮想通貨です。

ちなみに第1位がビットコイン、第二位がイーサリアムとなっています。

リップルを管理しているリップル社は世界中の銀行や企業と提携をし、現在も世界中に送金できるようにアミを張りめぐらしていっています。

その数は2018年時点で100超え

しかもその提携先が知っている銀行ばかりなのです。

主な国内金融機関の提携先

・イオン銀行
・オリックス銀行
・信金中央金庫
・新生銀行
・スター銀行
・住信SBIネット銀行
・スルガ銀行
・セブン銀行
・野村信託銀行
・横浜銀行
・りそな銀行
・MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
・SBIホールディングス
etc

有名な金融機関がリップル社と提携していますよね。

まずは提携先が増えなければ流通しないので普及もしません。

日本だけでなく世界中で提携先を増やしているリップルは断然おすすめです

仮想通貨を毎月積立をするメリット

仮想通貨への投資をする上でおすすめする手法が、「ドルコスト平均法」です。

ドルコスト平均法とは、定期的・継続的に一定額の金融商品を購入する手法。

毎月同じ額の仮想通貨XRP(リップル)を買っていくことで購入価格を平準化することができ、大幅な損失を回避することができます。

メリット

◯ 少額からはじめやすい
◯ 買うタイミングを考える必要がない
◯ 購入価格が平準化(平均)され損失が抑えられる

少額からはじめやすい

投資をはじめるのにたくさんの運用資金が必要だと大変ですよね。

ドルコスト平均法での買い方は、長期的に一定額を購入していく方法なので自分で決めた額で買っていけるメリットがあります。

実際に私は毎月1万円ずつXRP(リップル)を積立投資しています。

投資めがね
投資めがね
月1万円ならできそう!
5000円、3000円ではじめてもOK!

買うタイミングを考える必要がない

ドルコスト平均法で買う場合は相場を見て金融商品を購入しません。

例えば、「毎月1日に買う。」「毎月給料日に買う」などあらかじめ買う日を決めて買います。

買う日に仮想通貨が値上がりをしている場合は購入数は少なくなり、値下がりしていれば購入数が多くなります。

仮想通貨は変動が激しいので自分で買うタイミングを考える必要がないのはメリットです。

購入価格が平準化(平均)され損失が抑えられる

長期的に買っていくと購入価格が平準化(平均)されます。

例え高値で買ってしまったときがあったとしても毎月分散して購入をしているので、購入価格は平均すると抑えられます。

購入価格を抑えられるということは、大暴落などしたときにも損失を抑えられるメリットがあります。

実際に私が購入したリップルの購入価格です。

購入月購入数(XRP)購入単価(円)
1月145.034.67
2月303.48594832.96
3月288.3534.689
4月270.536.965
5月207.048.31
6月224.044.59
7月300.5633.27
8月358.4427.90
合計
約2097XRP
平均
約36.66円

このように購入価格に変動があっても毎月購入することで平準化することができます。

仮想通貨を毎月積立するデメリット

ドルコスト平均法で仮想通貨を毎月積立をする際には、もちろんデメリットもあります。

デメリット

◯ 毎月買う手間がある
◯ 一括で購入する方が利益を出せる場合がある

投資めがね
投資めがね
毎月積立をする際のデメリットをよく理解してはじめよう!

毎月買う手間がある

毎月積立をするので買う手間があります。

現在XRP(リップル)を自動で毎月積立できる取引所はありません。ですので毎月積み立てをする手間があります。

「毎月1日に買う予定だったのに忘れた。」「忙しくて購入できなかった。」

手動で買うのでこういったことはよくあります。

でも厳密にその日に購入することができなくても、積立投資の効果に大きな影響はないので大丈夫です。

忘れてしまっても思い出したときに買えば大丈夫です。

投資めがね
投資めがね
私はよく忘れますが思い出したときに購入しています。毎月のやる事としてやっています。

一括で購入する方が利益を出せる場合がある

毎月積立をすると購入価格を抑えられるメリットがあります。

しかし当然ですが安値のときに一括で大量購入した方が将来利益を出すことができます。

これは現在、安値(底値)であることがわかっているとき限定です。

仮想通貨は現在安値ですが、底値とは限りません。

また仮想通貨がこれから右肩上がりで値上がりするのか、まだ価格が下がるのかは誰にも分かりません。

もしかしたら今より値下がりしてもっと安値で購入できるかもしれません。

一括購入した方が利益を出せる場合は確かにありますが、相場を予想して購入しなければならないのでオススメできません。

仮想通貨XRP(リップル)を購入するならLiquid by Quoine (リキッドバイコイン)!

実際に仮想通貨を購入する際には仮想通貨取引所で購入することになります。

仮想通貨取引所もたくさんあるのでどこで購入すればいいのか迷うと思います。

私が実際に仮想通貨XRP(リップル)を毎月積立投資をしている取引所はLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)です。

◯ XRP(リップル)が取引可能
☆ セキュリティ国内トップレベル

 

XRP(リップル)が取引可能

各取引所では取引可能な仮想通貨の種類に違いがあります。

口座開設をしてみたら自分の買いたい仮想通貨が取引できなかった!とならないように注意しましょう。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)では主要な仮想通貨を取り扱っています。

BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
QASH(キャッシュ)

人気のある仮想通貨は全て取引可能です!

セキュリティ国内トップレベル

仮想通貨というと流出問題を思い浮かべる人も多いと思います。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)はセキュリティレベルが国内トップレベルなので安心です。

仮想通貨の流出が問題となった取引所では、顧客の資産をオンライン上で保管をしていました。

オンライン上で保管することをホットウォレットといいます。

ホットウォレットは取引にタイムラグが生じにくいメリットがありますが、常にハッキングによる流出の危険にさらされています。

その点Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)では、顧客の資産をオフライン上で保管をするコールドウォレットという保管方法を採用しています。

コールドウォレットであれば、ハッキングの危険がほとんどありません。

また、取引口座にアクセスする際には2段階認証を必要としています。

2段階認証により他人がなりすましてアクセスすることを防ぐことができます。

2段階認証とは

ID・パスワードを入力してログインした際、指定のスマホなどに送信した認証コードを入力させる強固なセキュリティ。

投資めがね
投資めがね
ログイン時に2段階の認証が必要だけど、自分の資産を守るためには必要なセキュリティ!

まとめ

どうでしょうか、少し仮想通貨投資に興味が出ましたか?

仮想通貨には将来性があります。

その中でも世界中に提携先が増えているXRP(リップル)はダントツです。

安値である今だからこそ買っておけば将来大きな利益を得ることができるかもしれません。

一緒に仮想通貨XRP(リップル)に積立投資をしてみましょう!

私が利用している仮想通貨取引所はLiquid by Quoineです。無料で口座開設ができます。